九星気学の歴史




九星気学は今から約3000年前の中国で誕生したものと言われていマス。
大自然から受ける気の影響をデータ化し、長い歴史の中でまとめた結果できあがったもので御座いマスね。

地球が自転をしながら、太陽の周りを公転しておりマスことにより、其の時々で気は変化を続けていマス。
其れは自然界の法則であり、これに生年月日や東西南北の方位を加えて分析しデータ化したものが九星気学ですね。
其のため人間の生まれた時に、地球上の気の配置によって其の人の運勢が決まるとも言われていマス。

このデータ化された九星気学が日本に入って参りましたのが江戸幕府ですね。
江戸幕府ではこの気学を活用した街づくりが進められたことはすごく有名ですね。
途中で気学を活用する事はやめたものの、開幕当初はかなり気学が大切視されておりましたので御座いマス。
気学のおかげで江戸幕府が270年もの長さを誇ることができたといいマス説もたく様御座いマス。
皇室は現在でも気学を重視しておりマスと言われており、年間のスケジュールは大凶の方位を避けて作られておりマスので御座いマスね。

現在では何方もが気軽に楽しめる占いとして名が広まっていらっしゃいマスが、少し前までは隠れた処世術といいマス見方が強かったのも事実ですね。
この九星気学をもとにご自分の運勢をよろしい方に導くことで、努力を実らせた達成者も少なくないと言われていマス。
厳しい競争社会にある現在で、ですが、気学を信じて活用することで達成できたといいマス人たちが現れていマス。
その昔から現代に至るまで通用するものとして、活用しておりマス人も多いですね。

(C) 2012 九星気学に関する研究サイト