風水と九星気学




風水といえば、家のある場所や位置・家の中のインテリアなど場所によって運気が変わるといいマスもので御座いマスね。
ご自分の運勢をよくするために、住んでいる場所の運気をあげるといいマス考えですね。

元々風水は自然界の流れを知ることで、悪い気を避け、よろしい気を取り入れることを目的としていマス。
中国で生まれた環境開運学とも言われていマス。
風水の種類には家相や方位、地形などたく様の種類が御座いマス。
風水は中国の陰陽五行説がもとになっており、相性・相剋の関係が大切にされていマス。

この話からも風水と九星気学はすごく似ておりマスといいマスことがわかりマス。
そもそも風水は九星気学から生まれた占いであるといいマス話が御座いマス。
日本で占いとして行われておりマス風水の多々は九星気学と同じですね。
九星気学のことを風水といって占っておりマス人が多いので御座いマスね。

逆に中国の場合では風水は風水であって占いではありませんために、九星気学とは別物と考えられていマス。
元になりました考えは同じであっても、出来上がった2つのものは別々の存在になりマス。
日本では風水は占いの部類に入ってしまいらっしゃいマスが、本来はちがうので御座いマスね。

日本でも中国人の風水師の方はたく様いらっしゃいマス。
ご自分が風水をみてもらいたいのであれば、中国人の方にみてもらうのがいいで御座いましょう。
因にに風水の効用はすぐさま得ることができマス。三ヶ月以上たっても効用がない場合は、効用がないといいマスことになりマス。
逆に九星気学を占って欲しい場合は日本人の風水師でも占ってもらえる可能性が高いですね。

(C) 2012 九星気学に関する研究サイト